なぜ定期調律が必要なの?

ピアノの弦は1本の張力がおよそ90kg、全体では240本程度ありますので、20トンもの強い力で張られています。
ですから、たとえピアノを弾かなくても時間が経つにつれて次第に弦が伸び音程が乱れていきます。
長年調律をしていない音をお子様が聴いていると耳が間違った音に慣れてしまい、正しい音感がつかなくなる恐れがあります。
またピアノにとっても弦の力のバランスが崩れる事により音が歪んでしまったり部品がゆがんでしまう事もあり、大掛かりな修理をしなければならない可能性があります。

ピアノの弦 ハンマー フレンジ フロントパンチングクロス
正確な音律を
正確な打弦を
正確な伝達を
正確なタッチ感を
ピアノの弦はギターと同じように、時間が経てば伸びていきます。 長年の使用により、フェルト部分が変形し、音色が変わってしまいます。 ズレが生じると、思い通りに弾けなくなります。 変化によっては、演奏ができなくなってしまうことも。

ページのトップへ戻る